do it together

作る作業、手入れの作業に関わらずほんの少しでも一緒に作業すると、グッと緑に対する思い入れが強くなります。
小さな事でも、経験してみると、今までとは違う世界が見えてくるもの。

ここでは手入れの例を一つ紹介しましょう。
写真がないので、忘れなければ次回のお手入れの際に撮ってきます。

早10年近くのおつきあいになるお客さんのお宅です。
とにかく活発に動いていらっしゃる方。リタイヤ後はご自分で庭の手入れもしていたのですが、
高い木、大きい木は手に負えないと言うことで、声をかけて頂きました。

庭全体を手入れの作業をすると2人工かかってしまうところ、
大きな樹木を中心に0.5人工でできる限りやるので(それでも初回だけは1人工+かかりました)、
私一人で半日だと大きな木を全て剪定、片付け、掃除することができません。
そこで一緒に手伝って頂いているのですが、
枝ゴミの処理の合間にご自分で手入れをしている木の剪定講習をしたり、
雑談しながらのお茶の時間もまた楽しいものです。

ジッとしていられない方だから、このスタイルが確立してしまったのかもしれませんが、
毎回実に楽しくやらせて頂いています。

作業が終わって一緒に撮りましょうと話しながら忘れてしまいました。作業中の写真を一枚。

間近でプロの仕事を見てみたい方、ジッとしていられない方(笑)、安全な範囲でのご参加歓迎いたします。

作る方の作業は安全面、道具の使用、効率面など難しいところもあるので、
思い出の一つとして、美味しいところを取って参加してもらえたらと思っています。